天保山通信DIVISION2

プロフィール

Takeshi TSURUMI

Author:Takeshi TSURUMI
趣味でオートバイのレースや、
ヒコーキの写真撮ってます。

最近の戯言

最近のセレッソ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマには真面目なオハナシ。よ。

最近聞いたハナシなのですが~

ある編集さんと仕事してたら、先日その方が某所で某誌の編集長氏と一緒になり、
その編集長氏曰く「これからはカメライターの時代だよ。」と仰っていたそうな。
亀のライターではない。
要するに、雑誌取材で写真も撮って、文章も書くヒトですなぁ。
フツー、雑誌の取材はカメラマンとライター(もしくは編集)が組みになってやるんだけど、
それほどでもない取材だったら、このカメライターを現場に送れば人件費は一人分で
済むから発注する側としてはメリットアリアリですねぇ。

しーかーしー

ワタシもムカシチョロっとそれらしいことをやってたからわかるけど、やってみるとタイヘン。
そりゃー写真撮って、文章書くにはヒトに話し聞いたりしなきゃーイケナイんだから、
忙しいコトこの上ない。それで、カメラマンのギャラとライターのギャラがそのまま貰えるの
ならイイケド、だいたいはそれなりのギャラしか出ない。まーようするに便利屋ですねぇ。
そんなモンだから、ワタシもだんだんイヤになってこれじゃーいけないっと、頑張って
書くほうの仕事は徐々に無くして、なんとかカメラマンだけでおカネもらえるようにしたの
だが、コレだけは今考えても正解だったねぇ。

だいたい、カメライターってヒトで評価の高いヒトっていないんだよねぇ、ワタシの知る限り
では。誤解のないように言っておくけど、一文字違いの「カメラライター」立派な職業です。
アレは撮ったヒトが書かないとハナシになりませんから。

立場変って、仕事を出す側からすれば、カメラマンとライター雇うよりも、カメライターで
済むならそれに越したコトはないのだから、厳しい昨今分からないでもないけど、
もうイイ加減そーゆーなんでも、安かろうの体質を見直すべきなのではないかと。
幸い、ワタシの仕事頂いてる雑誌は大丈夫だけど、カメライターを多用してる本って
たいがい「それなり」なんだよねぇ。そんな本やりたくもないから、営業もかけないけど。

そもそも、そんな中途半端な仕事しかできないなら辞めた方がいいよねぇ。
ワタシも最低限の「カメラマン」としてのプライドは持ってるつもり。
もちろん、ライターさんにもプライドはあるはず。
その両方の仕事を適当にやって、それなりのギャラで納得するなんて、なんか違わないかと。
で、ゆーに事欠いて「カメライターの時代だ」とかゆーヤツも信じられないねぇ。
ウチはその程度の雑誌しか創ってませんって、ゆってるよーなもんだぜ。
もう辞めたほーがいいんじゃない?

いいかげん、なんでも安くっていうのは考え直す時期なのではないかと。
あの餃子の事件(事故?)も、結局はコスト競争の果てだし、イイ仕事にはしかるべき金額が
対価として支払われるべきなんだよねぇ。あたりまえでしょ。でないとやってられないし。

っと、先日聞いたちょっとしたハナシがずーっと心に刺さっていたので、ちょっと吼えて
みました。しつれーしました。

って、A-DATAのCFよろこんで買ってるヤツが言っても説得力ナシナシですがーっ

いじょー

Comment

タウン誌レベルなら良いですよ、そう言うのも・・ただしこれはカメライターでもなく、
ライターがついでに写真も撮ってくるってヤツです。
その程度の雑誌ならその程度の写真しかこっちも期待してませんからね。
某誌の編集長氏はライター上がりですかね?
記事だけで写真の力無しで売って来たとでものぼせ上がってらっしゃるんじゃ無いでしょうか?

まがりなりにもカラーの見開きで写真のページを見せようかという雑誌がそのカメラマンに記事も書いてくれって言うのはあまりにも志が低いですね。

あと、記事は現場に行かなくても書けますけど写真はその場にいなけりゃ撮れないんです

某編集長氏に限らず写真の力を小さく考えている編集さんがいるならそのうち読者は離れると思いますよ~。

なんか写真を生業としていない、あたしもむかつきました。
  • by:ロバ
  •  | 2008/02/06/18:21:45
  •  | URL
  •  | Edit
聞いたハナシですが、いちおー全国誌・自動車雑誌の編集長様らしーのですがねぇ。
ほんと、そーゆーコト思っていても、クチに出して言うコトかと。志が低すぎますよねぇ。でも、これが業界の現実ですからねぇ~

そりゃー現実は厳しいから、理想ばかり追いかけるワケにはいかないでしょうけど、せめて志だけは少しでも高いところに定めておきたいと思います。
  • by:元海天
  •  | 2008/02/06/18:55:14
  •  | URL
  •  | Edit
そういう編集者が、業界の状況を悪化させるのだと感じます
完全に時代を見誤っていますね
「接客の鬼」から言わせれば^^
  • by:やなちゃん
  •  | 2008/02/06/23:10:42
  •  | URL
  •  | Edit
その業界に関わる者として情けないのですが、クルマやバイクの雑誌ってホント勢いないですからねぇ。まぁ、こんな人物が編集長を名乗ってるくらいですから、仕方ないんでしょうけど。

「プロ」が少ないんでしょうねぇ。
  • by:元海天
  •  | 2008/02/07/07:50:28
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 天保山通信DIVISION2 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。